税理士が教える相続税の基礎知識:相続時精算課税制度とは

相続の問題はいずれ起こることですから、早めに準備をしておくとトラブルが起こりづらくなります。
今の日本は高齢化が進んでいるため、親が90歳で子供が70歳という環境もめずらしくありません。
そういう環境では早めに相続をしたほうが問題が起こりづらいので、そのようなことに対応できる制度が存在しています。
遺産相続をする時は資産を親族に分けることになりますが、早い段階で自分の子供などに資産を渡すやり方があります。
その方法にはいくつかの種類がありますけど、最近使う人が増えてきているのが相続時精算課税制度と呼ばれるものです。
この制度では親が生きているうちに財産を分けることができ、ある程度の金額までは非課税で渡すことができるものです。
今の制度では2500万円まで非課税で渡すことができるため、早い段階で遺産問題を解決したい時に便利です。
ただこの制度は遺産の問題をなくすものではなく、相続の話を早めに対応するものになっています。
そのため相続時精算課税制度でもらった財産は、あとで相続を行う時にまた遺産の一つとして計算されます。
そういう性質がありますから相続をする時に税金の負担がなくなるわけではなく、早めに手続をしておくというものになっています。
相続時精算課税制度は非常に複雑な制度であり、更に申請をしなければいけないため専門家への相談が重要です。
税理士ならばそのような仕事をすることができるので、依頼をすればすぐに必要な書類をつくることができます。
この制度を利用したときの相続税は必要があれば負担が発生するので、そのようなことについては理解が必要になります。
相続時精算課税制度は遺産相続を早めに行うためのものですから、早くもらった財産も相続時はもう一度評価をします。
その時にこの制度でもらった財産と遺産相続時にもらった財産で、相続税を支払う必要があるならば手続きが必要です。
この2つの形でもらった財産を集めても税金の支払いが必要でないならば、そのようなことをしなくてもすむようになっています。
ただ2つのもらったお金を合わせて計算する作業は難しいですから、専門家に依頼をして正確な金額を把握しておくことが大事です。
相続時精算課税制度は生前贈与を行うことができる制度で、高齢化の進む日本で早めに遺産の問題を解決できる便利なものです。
手続きをする時は専用の書類を作る必要がありますから、利用をするときは税理士に相談をして対応を頼むことになります。